読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

for HAPPY Hamuji

27歳にしてアルコール依存症も末期まで進行していた私‥‥‥断酒して人らしく生きたい

♡8/14 断酒53日目【過去の記憶をたどる】

ふと思い出す、恐ろしい記憶......

f:id:hamujikun:20160815030417j:plain

 

幻覚と幻聴がピークだった頃

 父の運転する車に乗っているのに、幻覚と幻聴で父の姿も声も警察官に見え聞こえている私は

錯乱状態に陥り、高速を走る車のドアを開けて飛び降りようとした

 

ゼブラ柄の絨毯が白と黒の蛇に見えて、部屋から飛び出しトイレに閉じ籠り

トイレの窓一面に大きな顔が現れ、次の瞬間 小さな虫の大群に変わり、パニックになった....

 

寝ている彼の首もとに赤ちゃんの手が無数にあらわれ、夢中で彼の首をかきむしっていた...

断片的ではあるが、鮮明に覚えている恐ろしい記憶...

 

 

 

本当に、こんな状態だった私が今 断酒できている奇跡、断酒に至れた奇跡がどうして起きたのか...

 

 

私にとってアルコールは、合法であることがおかしいのだ

いつでもどこでも安価で、違法ドラッグを手にしてしまっていたも同然だったのだと、最近やっと気付けた

 

普通ではまず考えられないような事ばかりが起き、心穏やかな夜などなかった

何も起こさず1週間過ごす……まず、不可能だった 

 

 

(2015年6月中旬)

妊娠22週になるまで、お腹に子供がいることすら気付けないほど、自分の体のことすらわからなくなっていた私

彼と出会ったときには、妊娠4ヶ月だった......

妊娠がわかっても、ここまで妊娠に気付かずに放置したハイリスクな妊婦を診てくれる病院は、なかなか見つからない

父と母が、必死に病院探しをしてくれた

病院の往来、その少しの時間すら 飲酒欲求を抑えられずに呑んでしまう私...

 

結局、そんな私のお腹の中から逃げるように

赤ちゃんは小さい体で出てきてしまった

陣痛とは知らずに痛みに耐えていた私は、実家のベッドで1人で出産をし

弟が呼んだ救急車で病院に運ばれ、一時間後に亡くなりました

一年一ヶ月前です...

 

吐き気がするほど、私の過去は荒んでる

今の平和な毎日が、どれほど身に余る幸せか......

 

お酒が呑めない、ただそれだけの断酒の苦しみなど気にならないほどに、お酒で苦しんできたじゃない

 

..

 

彼と寝ていたら、急にインターホンが鳴った

それと同時に彼の携帯が鳴り、ベランダから外へ逃がされ

寝起きで頭がボーッとする中、裸足で外に出された私

 

部屋の中からは怒鳴り声と、物が壊れる大きな音...

何が起きているのかと混乱している私の気配をめがけて走ってくる女...

“誰?”と思った瞬間、殴られ、アスファルトの上に倒れていた

髪の毛を掴まれ、引きずられ、背中から血が出ていた

 

彼も仲裁に入るが、興奮したその女は なかなか止まらなかった...

彼の元カノだった

 

身長173cmの私に対し、150cmくらいの元カノ...何でこんなに歯が立たないんだ?

手足の長さだけでも、圧倒的リーチなはずだ

私が戦意ゼロだとしても、力の差がありすぎた

 

柔道黒帯...はい、納得。

 

結局、マンション中の住人に目撃され、警察沙汰になった

 

私の飲酒が絡まなくても、こういう事は 今後もあるかもしれない

 

やけ酒したい夜もあるだろう......

 

でも、どうか呑まずに踏みとどまれますように

二度とお酒は口にしない

口にしてはいけない

 

やけ酒して紛らわしたい痛みや悲しみ、やり場の無い怒り...

これからは紛らわさずに味わうことになる

 

覚悟しておこう

そして、平和に過ごせる今、このひとときを大切にしよう

噛みしめよう

 

この子達も、私のせいで怖い思いを何度もしてきた

それなのに、いつも私のそばを離れずにいてくれる…

見守ってくれている…

f:id:hamujikun:20160812212722j:plain

 

ありがとね……

自分の犯してきたたくさんの過ちに、押し潰されそうになる

 

私は、いつも自分の過去を受け止めきれずにいた

 

少しずつ、そんな自分とも向き合おう