読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

for HAPPY Hamuji

27歳にしてアルコール依存症も末期まで進行していた私‥‥‥断酒して人らしく生きたい

♡8/5 断酒44日目【“吞める”環境】

世のアルコール依存症の方々と私は、ずいぶんと年齢がはなれている‥‥‥

世代的には、私の両親くらいの方々が多いらしい

 

なのに‥‥

断酒を始めて、アルコール依存症やお酒そのものについて学んでいると、本当に自分でも呆れる‥‥を通り越して、言葉が浮かばない(涙)

 

若干27歳にして、初期のアルコール依存症どころか、末期も末期の領域に、とっくに到達していた‥‥

大切なモノ全てを天秤に乗っけても、一切を省みずにお酒を選んで、アル中街道を一人まっしぐらに突き進んできた‥‥‥

人や物、時間や機会、失ったモノ‥‥きっとたくさんあるんだろう、でも もはやいちいち気にも止めてられなかった

 

お酒を選んだ結果が、当然のようにある

が、(お酒が吞めればいい)私は、後悔はいつも無くて、恐ろしいほど何を失っても凹まなくなっていたんです

 

普通なら、もっと早い段階で、気付けるのかもしれない

取り返しのつかない失敗や失態で負った痛手を、痛いと感じれたのかもしれない

 

でも、私は呆れる程“吞む環境”を作る才能に長けていた

お酒が吞みたい、365日24時間いつでも吞みたい、仕事中であろうが、約束があろうが、お金があろうが無かろうが‥‥‥

 

 

吞むための人脈、環境は、幸か不幸か 失うばかりか整う一方で

彼に出会わなければ、その環境から出ようなんて、手放そうなんて、1ミリも考えなかっただろう‥‥

 

 

5分も歩けば歓楽街、酔っ払って記憶が飛んでいても タクシーにぶち込まれてワンメーターで帰宅している

ドアを開ければすぐソファー

f:id:hamujikun:20160806040141j:plain

 

酔っ払って脱げないヒールやブーツは、起きてから

 

恐ろしい‥‥

よく生きていたな‥‥

 

気分のアップダウンが激しく急な私は、一時間前までルンルン♪だった約束を守れない事も多々あった

そんな日には、ドアにウィスキーやスコッチとつまみが差し入れてあったり‥‥

酔っ払って帰る事すら一人で出来なくなった私を、迎えにきてくれる人が必ずいて‥‥

時間感覚が12時間ズレて、お店の営業時間外でも 好き放題やらせてくれて‥‥

 

本当、私ひとりがアルコール依存症なだけで、今思い返すと、周りはすごくまともで、頼れて、しっかりしていて‥‥‥いつも助けてくれた

 

迷惑を これでもかってくらい多くの人にかけて

何かする度に助けてもらってるくせに

 

「やめろ」と言っても聞く耳がなく

「今日は吞むな」と言えば不機嫌になる私‥‥‥

 

結局、「今日はペース落としてね」となる‥‥

無理だ。+゚(゚´Д`゚)゚+。

 

「明日仕事なんじゃない?」とか「これから仕事でしょ?」とか

「えっ!今からウィスキー?」とか、むしろ「今日も既にウィスキー?」とか‥‥

そういうビックリ仰天な反応も、徐々に無くなり

逆に

「えっ!今日ウィスキー吞んでないの?」という、反応に変わった

 

 

ここ3年くらいかな?

体がお酒を拒否する日がたまにあったんです‥‥

「365日 常時Welcomeだったアルコールなのに おかしいなー、これが歳ってやつ???」とか思いつつ、嗚咽を漏らしながら吞んでいた‥‥

 

本当にどうしようもなさすぎる‥‥‥

 

 

 

FacebookやAmebaBlogで振り返れる範囲(ここ6~7年)で、過去をのぞいてみる

ほぼ100%、お酒登場

 

私の年齢だと、成人してから今までを振り返ったことになります 笑

 

 

飲酒歴は短いのにな‥‥濃厚すぎました

 

これからは、1日1日 断酒歴を長くしていきます(。>ω<。)